にこ「珍しいわね。部室で海未がパソコン使ってるなんて」






1 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:00:40.45 ID:MY0380dY.net

海未「……なんですかにこ、まるで私が今時パソコンもロクに使えない脳味噌まで筋肉で凝り固まった頭でっかちの脳筋女みたいなこと言って」

にこ「別にそこまで言ってないわよ」

海未「コホン。冗談はさておき、少し確かめたいことがあったものでして」

にこ「確かめたいこと?」

海未「えぇ……」キョロキョロ

にこ「……何よ、いきなり挙動不審に」

海未「……私達以外に人がいないかを確認していたところです。絵里からは人に言わないでくれと言われたものでして」

にこ「その絵里からの秘密の相談を今から盛大に私にバラすのね」

海未「人の口に戸は立てられないものなんですよにこ」

にこ「……あんたってなかなかに良い性格してると思うわ」

海未「私は今、にこが人を褒めるなんて珍しいと思いましたよ」

にこ「あっそ」

3 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:04:29.47 ID:MY0380dY.net

海未「まあそれはさておき。……ポップアップ広告というものを知っていますか?」

にこ「そりゃ知ってるけど……それが絵里の相談?イルカ消せないみたいな相談ね」

海未「半分正解ですよ、にこ。ちなみにイルカは解決済みです」

にこ「……なんか勿体つけてない?」

海未「そんなことはありませんが……あ、それともう一つ、テキストトゥスピーチをにこは知っていますか?」

にこ「当然でしょ。何年ネットでアイドル情報を僻地から僻地までサーフィンしてると思ってるのよ」

海未「なら話は早いですね」

海未【あなたは 好きですか?】

5 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:07:49.02 ID:MY0380dY.net

海未「にこ、あなたはこれを知っていまにこ「ちょっとあんたそれっ!」知っているのですか!?」

にこ「知ってるも何も、それかなりヤバイって少し前に話題になってたやつよ!」

にこ「そのポップアップ広告を消したら……死ぬって噂のやつよ…」

海未「…………」

にこ「……何よ、いきなり黙り込んで」

海未「……今日、絵里は来ていますか?」

にこ「はあ?そんなの……クラスが違うもの、わからないわよ…」

海未「にこは同学年に友達いないですからね」

にこ「あんたもロクにいないじゃない」

6 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:11:53.36 ID:MY0380dY.net

海未「私も昨日の相談を最後に絵里とは連絡がつかないのです…」

にこ「……それで、自分も、【あなたは 好きですか?】のポップアップ広告を探そうとしていたわけね…」

海未「はい……」

にこ「危険よ」

海未「ですが…」

にこ「噂じゃ何人も血塗れで発見されてるそうよ」

海未「それでも…」

にこ「だ~っ絵里の様子は放課後に私が見てくるから!アンタはパソコン弄るの禁止よ!」

海未「し、しかし…!」

にこ「可愛い後輩に危険なことやらせる愚かな先輩にはなりたくないの。わかって海未、もしかしたらかなりヤバイかもしれないの」

海未「にこ…………そんなに私の身の安全を心配するなんてレズなんですか?」

にこ「母性の塊よ」

海未「脂肪の塊が足りませんね…」

にこ「どっこいどっこいに言われたくはないわよ」

10 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:18:10.67 ID:MY0380dY.net

海未「申し訳ありません……ほんの少しの好奇心でにこを危険な目に合わせようとするなんて…」

にこ「あんたは早く忘れなさい。どうせ絵里のことだから夜中までジャージで公園で遊んでて寝坊してるだけよ」

海未「なんだか急に安心してきました……にこのおかげですね」

にこ「そりゃあ部長だもの。部員の悩みの解決なんてお茶の子さいさいよ」

海未「では胸を大きくしたいのですが…」

にこ「出来ることと出来ないことの区別はつけてるつもりよ」

海未「にこが出来てませんものね」

にこ「うっさい」

11 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:22:05.34 ID:MY0380dY.net

その夜

海未「とはいえやはり気になる今日この頃」

海未「少しぐらいなら……」カタカタカタッターン

  「ふむふむ……豊胸器具ですか」

  「……シリコンが飛行機で破裂……破廉恥破裂です」

  「へぇ……三森すずこも胸ないんですね」

・・・

海未「……やってしまいました。ついお気に入りのサイト巡りに……」

海未(そういえば、にこからの連絡はありませんでしたね…)

海未「便りがないということはまあ大丈夫なのでしょう」

海未「さて、最後にμ’sのサイトを覗いたら寝るとしましょう」カチッ





13 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:25:41.43 ID:MY0380dY.net

【あなたは|好きですか?】

!?

海未「…………」

海未「………………」

海未「……………………で、出ましたね、噂のポップアップ広告…」

海未(いきなりでかなり驚いてしまいました……それに…)

海未「『あなたは』と『好きですか?』の間に何か言っていたような……」

海未「と、とりあえずにこに連絡を……」

14 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:27:20.05 ID:MY0380dY.net

10分後

海未「どういうことですか!?いくら待てども出る気配がないなんて……はっ!?」

海未(まさか……絵里に続きにこもヤバい状態に陥ったというわけですか…!?)

ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド

海未「い、いえ………落ち着くのです園田海未……どうせあのにこです、連絡を忘れただの……貧乏ゆえ携帯を持っていないだの…そういうことに決まっています」

海未「ついでにこの程度にビビるほどヤワな女じゃあないってところを……見せてやらなくっちゃあですね」

すすす・・・・・・

ドッドッドッドッドッドッドッ

・・・カチリ・・・・・・ッ!

15 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:32:35.99 ID:MY0380dY.net

【あなたは | 好きですか?】

海未「……」

海未「…………」

海未「………………ぷふっ」

海未「なんですかこれはっ(笑)何も起こらないではないですかwwwwwwwwwww」

海未「所詮誰かのイタズラに惑わされていただけだったのですね…」

海未「こんなものっこんなものっ」

カチリ・・・ッ!
【あなたは | 好きですか?】
カチリ・・・・・・ッ!
【あなたは | 好きですか?】

20 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:40:56.89 ID:MY0380dY.net

カチリ【あなたは】
カチリ【あなたは】
カチリ【あなたはす】
カチリ【あなたは好き】
カチリ【あなたは好き】
カチリ【あなたは好きで】
カチリ【あなたは好き】
カチリ【あなたは好きです】
カチリ【あなたは好きですが】
カチリ【あなたは好きですが】・・・・・・・ッ!

!?

海未「ば、馬鹿なッ!?私はマウスを左クリックなど……押してはいないッ!」

【あなたは好きですが】【あなたは好きですが好き】【あなたは好きですが好きで】【あなたは好きですが好きですか】【あなたは好きですが好きですか?】

【あなたは好きですが好きですか?】

22 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:42:17.20 ID:MY0380dY.net

デデッデデッデデッデデッ

海未「あ、あぁ……」

海未(感じる……第六感が、シックスセンスが……!)

ウォウウォウウォウウォウ

海未(今!確信したッ!今聴こえるこの『音』はかなりマズイッ!)

剥ぎ取ったのはベール・・・

背後より迫るのはベーゼ・・・

???『こっち向いて♡』

???『こっちに来て…♡』

海未「はぁあん!!!!」ブッシャアッ!

23 :ラブライブ! SS  2015/03/26(木) 16:44:19.38 ID:MY0380dY.net

にこ「聞いてよ希」

「どうしたんにこっち?」

にこ「昨日絵里の家に行ったんだけど……部屋中が血だらけだったのよ」

「なんやとワレ……もういっぺん言ってみぃや」

にこ「昨日絵里の家に行ったんだけど……部屋中が血だらけだったのよ」

「ほんまなんにこっち!?で、でもそんな話…ウチは聞いてないで?」

にこ「当たり前よ……『ことり』と『花陽』の歌声で鼻血を出してぶっ倒れただなんて情けない話、誰にも知られたくないでしょうよ」

「今知らせとるやん」

にこ「人の口に戸は立てられないものなのよ」

「ええ性格してるなあにこっちは」

にこ「ほんとにね」

「……そういえば、今日は海未ちゃんは休みなん?」

にこ「さあ……知らないけど、あの娘も人に知られたくない出血してるんじゃない?」

「にこっちは悪女やねえ」

にこ「小悪魔だもの」

おわれ



元スレ:にこ「珍しいわね。部室で海未がパソコン使ってるなんて」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1427353240/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.