雪乃「今日から比企谷くんには優しく接するわ」八幡「疲れてるのか?」






1: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 21:38:47.60 ID:1OukvSBZO

雪乃「…………」ペラ

ガチャ

八幡「うっす」

雪乃「あら、比企谷くん」

八幡「おう、流石に目で見りゃ分かるようになったろ」

雪乃「そうね」

八幡「…………」

雪乃「…………」ペラ

八幡「おい」

雪乃「何かしら?」

八幡「いつもの咬みつきはどうした?」

雪乃「咬みつき?」

八幡「だからその……俺が言葉を発する度に、毎回毎回猛毒吐いてただろ」

雪乃「失礼ね」

八幡「どっちが失礼だ」

6: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 21:47:02.01 ID:1OukvSBZO

雪乃「その言い方だと、今まで通り私の毒を浴び続けたいですという願望として捉えていいのかしら、マゾ谷くん」

八幡「誰がマゾだ。そうとは言ってないだろ」

雪乃「そう、ならこの話はおしまいでいいかしら?」

八幡「あ、あぁ……」

雪乃「…………」ペラ

八幡「(なんだ?いつもの雪ノ下とは違って、別の意味で淡白だな?)」

7: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 21:56:48.78 ID:1OukvSBZO

八幡「(俺が何かと口を出せば、ほとんど突っかかってきたというのに)」

八幡「(……そうか!雪ノ下も女だもんな)」

八幡「生理か?」

雪乃「今のは一人言かしら?それともただの屑の戯言かしら?」

八幡「ぶはっ!」

八幡「(俺としたことが!?どうして雪ノ下を前にしている時に限って口に出たんだ!?)」

八幡「い、いまのはもちろん一人言だ!将来はどんな女性を慕う専業主夫になろうか、そうだ、『税理か!』という意味で」

雪乃「見苦しいわよ、もういいわ」

八幡「そっすか…」

9: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:01:43.10 ID:1OukvSBZO

八幡「(駄目だ、今の言い訳も本調子が出ないせいで、とても無理矢理になってしまった)」

雪乃「…………」ペラ

八幡「(雪ノ下のことだ、どうせ何か企んでいるに違いない)」

八幡「(こういう時はどうするか、訊いてみるのみだ……!)」

八幡「おい雪ノ下、訊きたいことがある」

雪乃「何かしら」

八幡「何か企んでいるだろ?」

雪乃「漠然とし過ぎていて、質問の意図が解らないわ」

八幡「俺だって、お前の考えが解らないから訊ねているんだ」




12: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:08:34.97 ID:1OukvSBZO

雪乃「企み?何を思ってそんなこと」

八幡「俺が部室に来てから、どうもお前がよそよそしくしているように感じてたんだ」

雪乃「何のことかしら」

八幡「とぼけるな。俺たちもこの部で知り合ってから、何だかんだでそこそこ月日が経った。今となっちゃ、お前が何か目論んでいるか否か、直感で分かるようになったんだ」

雪乃「っ……!」

八幡「さぁ、白状してもらうか薄情の雪ノ下さんよぉ?」ダンッ

雪乃「……仕方ないわね。今回は私から折れるわ」

14: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:13:45.36 ID:1OukvSBZO

雪乃「別に、こんなことあなたに直接伝える必要性などないのだけれど」

八幡「いいから、話してくれ。さっきから身体がむず痒くてしょうがない」ボリボリ

雪乃「わかったわよ。あなたがどう考えているのか知らないけど」

八幡「はよ!」ボリボリ

雪乃「これからは、あなたに対しては優しく接することにしたから」

八幡「おう!」ボリボリ

八幡「……あ?」ボリボリ

15: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:16:37.77 ID:1OukvSBZO

雪乃「以上よ」ペラ

八幡「ちょ、ちょちょちょちょと待て、何だそれ!?」ボリボリボリボリ

雪乃「何だそれ?」

八幡「ああ!」ボリボリ

雪乃「だから、これからはあなたには優しくするわ、と」

八幡「うあああああああ!!!」ボリボリボリボリボリボリ

16: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:22:18.49 ID:1OukvSBZO

八幡「(雪ノ下の言い分は、日本語として理解はできた)」

八幡「(だがな、それに踏みきった意図と経緯が分からずして、急にそんなこと言われても理解できるかっての!)」

八幡「(しかもつい数秒前、俺が雪ノ下の発言に理解を示せず、聞き返したところ)」

八幡「(あいつ、言ったことを普通に繰り返したぞ!?)」

八幡「(普通の雪ノ下ならそこは『あなた一応、腐っても国語三位でしょう?その程度の日本語も理解できないの?』と猛反発するはずだ!)」

八幡「(反発無さすぎて奈落の底まで沈むとこだったわ!)」

八幡「(あああああ痒いいいいいい!!!)」ボリボリボリボリ

18: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:25:34.07 ID:1OukvSBZO

雪乃「比企谷くん」

八幡「あ!?」ボリボリ

雪乃「そんなに痒いの?」

八幡「ああ、全身ダニに喰われたようだ!」ボリボリ

雪乃「………痒み止め軟膏あるけど、使う?」

八幡「」

八幡「(い……いま、俺のこと心配して………?)」
『………痒み止め軟膏あるけど、使う?』

八幡「ああああああああああああ!!!」ボリボリボリボリボリボリ

20: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:29:37.59 ID:1OukvSBZO

雪乃「痒い時は、むやみに掻かない方が良いわ」

八幡「う……うぐっ……!!」

雪乃「そう、痒いときには我慢をする。そのうち痒みも自然と退いてくるはずよ」

八幡「あ、あぁぁ………っ!」コヒューコヒュー

雪乃「………でも、自然治癒もあてにならないときがあるものね」

八幡「!?」

雪乃「……私が、軟膏塗ってあげるわ」

八幡「くあぁぁぁぁああああああああああ!!!!」ボリボリボリボリボリボリ

21: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:33:44.92 ID:1OukvSBZO

八幡「(こ、こいつっ……!!)」

八幡「(そうか……ようやく意図が解った)」

八幡「(そして、あくまでも勘だが、それにあたる経緯も予想できる)」

八幡「(雪ノ下は、単純に俺のことが嫌いなんだ)」

八幡「(だから、アイツが俺に優しく接することにより、俺は極度の違和感から痒み地獄の来獄者に陥れ……)」

八幡「(最終的に、俺を殺すつもりなんだろう……)」

23: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:39:36.60 ID:1OukvSBZO

八幡「……グスッ……ヒック……!」ボリボリボリボリ

雪乃「ちょっと、比企谷くん?まさか、泣いてるの?」

八幡「……雪ノ下の前で涙流すところを見られるくらいなら、死んだ方がマシなんだがな……」ボリボリ

八幡「(まあ、もう死ぬし……)」ボリボリ

雪乃「比企谷くん………」

雪乃「(私が一度も見せたことのない優しさに、感激して涙を流すなんて……)」

雪乃「(これまでの私の比企谷くんに対しての態度が、いかに傲慢で冷酷で薄情だったのか、ようやく分かったわ……)」

25: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:45:47.80 ID:1OukvSBZO

雪乃「あの……」

八幡「今度はなんだっ!」ボリボリ

雪乃「その……ごめんなさい」

比企谷「!?」

雪乃「別に、私はあなたのことが嫌いではないのよ?」

雪乃「ただ、同学年の男性と会話した試しが今まで全く無くて……」

雪乃「それに、あなたと初めて会ったとき」

雪乃「あなたのような、根性の更に深くにある根っこから既に腐っているような人なんて、かつて出会ったことが無かったから、本当に同じ人間として見れなかったの」

28: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:53:16.50 ID:1OukvSBZO

雪乃「ただ、これまで来た幾多の依頼人に対して、思ったことを馬鹿正直に伝え、加えて、的確で善良策を行使して解決へと導く姿を見て……」

雪乃「……その、見直した、というか……」

雪乃「比企谷くんはこの奉仕部に、無くてはならないような存在と思えてきたの」

雪乃「だから……今までのような、酷い対応をしなくてもいいのではないかと、思えるようになってきたの」

雪乃「だって……あなたに嫌われたくないから……」

31: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 22:57:43.05 ID:1OukvSBZO

雪乃「…………比企谷くん?」クルッ

雪乃「ぎゃっ!?」

八幡「」

ガチャ

由比ヶ浜「やっはろーってぎゃああああ!?」ボトッ

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん……!」

由比ヶ浜「ちょ、なにこの真っ赤っ赤にゆで揚がったタコみたいな!これってヒッキー!?」

雪乃「そ、そうなの……振り返って見たら、こんなことに」

由比ヶ浜「振り返って見てみるとこうなってたの!?何があったらそうなるの!?」

雪乃「私にもちっとも解らないの……」

35: ◆UYOMNZkX3A 投稿日:2014/02/28(金) 23:03:40.07 ID:1OukvSBZO

・・・・・・・
次の日

雪乃「…………」ペラ

ガチャ

八幡「………うす」

雪乃「…お酒でも呑んだの?」

八幡「そのせいの赤みじゃねぇよ」

雪乃「昨日は……よく分からないけど散々だったようね」

八幡「ああ。気づいたら俺ンちのベッドで横になってたんだ」

雪乃「(由比ヶ浜さんが比企谷くんの妹さんに連絡を入れて、連れ返してもらったのよね……)」




1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.