夏樹「ロックで」幸子「可愛い」







1: ◆B8X5Ug1oKs 2016/01/14(木) 20:23:44.23 ID:0Xoi6U5s0

呼び方、性格、違和感多いかもです。注意してください。

夏樹「なあPさん。一体いつになったらあたしをトップアイドルとやらにしてくれるんだ?」

P「あのなぁ・・まだお前をスカウトして2ヶ月だぞ?気が早すぎるんじゃないのか?」

夏樹「そんなこといってもさー。ロッカーはじっとしてるのは嫌いなんだよ」

夏樹「あたしのプロデューサーならわかるだろ?あたしのこの湧き上がるロックを!」

P「闘志を燃やしてくれるのは嬉しいが、はいこれ。次のファンレターな」ドサ

P「しっかり読んで返事書くんだぞ」

夏樹「そりゃ駆け出しのあたしにファンレターくれるファンは大事だよ?ファンレターも大事に読んでるし返事も全力で書いてる」

夏樹「でもわざわざ事務所で書くことないだろ」

P「じゃあ夏樹。一つ聞くが、前にお前が書いたファンレターの返事覚えてるか?」

夏樹「前の・・?んーなんだったっけ?よく覚えてないや」

P「『ああ!!いつも39!69!』だ!!なんだよそれ!雑か!!」

夏樹「あ、あんたがあんまり長すぎると駄目だから完結にまとめろっていったんだろ!」

P「だからって雑すぎるわ!だからこうして俺が随時目を通してるんだよ」

夏樹「んんー・・・アイドルってやっぱり難しいな・・」

  
2: ◆B8X5Ug1oKs 2016/01/14(木) 20:33:26.18 ID:0Xoi6U5s0

夏樹「あたしも他の子みたいの早くライブがんがんやりまくりたいなー」

P「みんなこういう下積みをしっかり踏んでるから今があるんだ。焦らなくても夏樹も時期にそういう仕事が来るよ」

夏樹「そいつはもう聞き飽きましたよー」

P「まったく・・・」

ちひろ「失礼します!今事務所で手の空いているアイドルの子はいますか!?」

夏樹「!」

P「ちひろさん!?一体どうしたんですか!?」

ちひろ「そ、それが幸子ちゃんの今日のステージに出演予定だったアイドルの子達が渋滞にはまって間に合わないそうで・・」

P「確かに、今日の幸子の仕事は生中継番組の中間コーナー・・・ゲストがいなくちゃ番組にならない・・」

P「でも今日は生憎ほとんどが出先だ。一番早くてもみくと加蓮のロケがあと2時間後・・・・」

夏樹「・・・」

P「・・・・」

  
3: ◆B8X5Ug1oKs 2016/01/14(木) 20:37:59.02 ID:0Xoi6U5s0

夏樹「ほらPさん!急げって!時間がないんだろ!」ニコニコ

P「ま、待て!夏樹!お前に生番組はまだ早い気が」

夏樹「何いってんだよ!いつかはやる仕事が速く回ってきただけさ!生ライブなんて燃えるじゃねーか!」

夏樹「それにどの道あたしが行かなきゃ間に合わないんだろ?いいのか幸子が恥をかいても」

P「ぐ・・・仕方ない。番組には俺から伝えておく。お前は先に車に乗っとけ」

  
4: ◆B8X5Ug1oKs 2016/01/14(木) 20:43:16.47 ID:0Xoi6U5s0

番組控え室

P「失礼します」

幸子「Pさん!もう!どうなってるんですか!可愛い僕のプランがめちゃくちゃですよ!」

P「それについては後。・・・はい!そういう流れでお願いします!はい!」

幸子「Pさん・・?」

P「幸子、ゲストは今日間に合いそうにないんだ。だから急遽、夏樹が代役でピンチヒッターだ!」

幸子「夏樹さんがですか・・・?」

夏樹「ああ!そういうことだ。よろしくな!幸子」

幸子「ふ、ふん!!精々可愛い僕に出番を全部もっていかれないように頑張ることですね!」

夏樹「お!いいねぇ!あたしも負けないからな!」

  
5: ◆B8X5Ug1oKs 2016/01/14(木) 20:51:21.38 ID:0Xoi6U5s0

夏樹「いやー!たまには事務所でファンレター書いてるみるもんだな!まさかいきなりこんな良い仕事が回ってくるなんて」

P「はぁ・・イレギュラーは極力避けたいんだがな」

夏樹「何言ってるのさ!イレギュラーに勝ってこそロックってもんだろ?」

P「ここまできたからには行くしかないな。番組の流れ、台本はもう目を通したか?」

夏樹「生ライブなんだろ?シナリオなんて必要ない!・・っていいたいけど、まぁ仕事だしな。目は通したよ」

夏樹「でも肝心のコーナー名が伏字ってどういうことだ?書いてるのは触りのトークと閉めの返しだけじゃない?」

P「それなんだが、今日は特番の中の1コーナーだ。向こうの番組でこのコーナーの内容が決まるらしい」

夏樹「面白そうじゃん!!いいねぇ!要はアドリブってことだろ?」

P「そうなるな・・・」

夏樹「今日はついてるな!ここであたしを度派手にアピールできちゃえばなお良しだな!」

P「胃が痛い・・」

  




6: ◆B8X5Ug1oKs 2016/01/14(木) 21:02:54.36 ID:0Xoi6U5s0

P「いよいよ本番だ。二人とも大丈夫か?」

幸子「僕は全然平気ですが、夏樹さんは大丈夫ですか?」

夏樹「なんだよ幸子、心配してくれてんのか?ありがとな!あたしは勿論平気だぜ!なんでもこいだ!」

幸子「相手にとって不足なしですね!」

P「よしじゃあいって来い!」

幸子「可愛い僕と!」

夏樹「え!?あ、ろ、ロックなあたしの!」

夏樹幸子『なんでもチャレンジコーナー!』

夏樹「随分適当なコーナー名だな・・・」

幸子「中継先でコーナー内容が決定されるからまぁ、仕方ないですね」

夏樹「じゃあ中継先のみんな!あたしたちのやるコーナー内容を決めてくれ!」

  
7: ◆B8X5Ug1oKs 2016/01/14(木) 21:04:41.63 ID:0Xoi6U5s0

見切り発車で書き出したので少し今後の話練ります

二人のやるコーナーもし何かあれば書き込んでください!
30分ほどしたら書き始めます。
なければそんとき考えたもので行きたいと思います。

8:アイドルマスター SS  2016/01/14(木) 21:10:00.26 ID:PlSK5CJdO

海で檻の中からサメに餌やりチャレンジ

9:アイドルマスター SS  2016/01/14(木) 21:14:09.92 ID:kacuc1oXO

熱々おでんチャレンジ

10:アイドルマスター SS  2016/01/14(木) 21:17:30.68 ID:kUbnPdgI0

幸子インザスカイwithなつきちチャレンジ

11:アイドルマスター SS  2016/01/14(木) 21:28:08.68 ID:P0ZQo03y0

箱の中身を触って当てるアレ

  
13: ◆B8X5Ug1oKs 2016/01/14(木) 21:38:12.66 ID:0Xoi6U5s0

幸子「あ!決まったようですね!」

夏樹「えーっと、何々・・?箱の中身はなんじゃろな・・?って、あの箱の中身を当てる奴か?」

幸子「可愛い僕のコーナーにしては、随分と地味目な感じですが、僕は一切手は抜きませんよ!」

夏樹「いいねぇー!あたしも負けちゃいられないね!」

幸子「で、これが箱・・・」

夏樹「なんか思っていたより大きいな・・」

幸子「あのぉ・・・生き物とかはさすがに・・・いませんよね?」

夏樹「い、生き物!?」

幸子「あっ、内緒・・早く始めろと・・・」

夏樹「・・・」

幸子「ど、どっちからいきます?ぼ、僕は優しいので、夏樹さんに先を譲ってあげてもいいですよ?」

夏樹「!、こ、ここで引いたらロックとはいえないよな!行くぜ!!!」

  




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.