花陽「ゲームは仲良く」にこ「プレイしましょう」







2:ラブライブ!SS(SSL):2014/07/22(火) 01:14:57.51 ID:R5nSPiHi0

~部室~

にこ「…」カチカチ

花陽「おぉ…!」

にこ「なによ」カチカチ

花陽「にこちゃんが…ゲームやってるなんて、意外だなって…」

にこ「私だってゲームくらいするわよ。なかでも星のカービィは大のお気に入りだし」

花陽「カービィ!? わ、わたしも、カービィは大好きです!」

にこ「ほう…」ニヤリ

花陽「まさか、にこちゃんがいまやってるのって…」

にこ「ウルトラスーパーデラックスよ」

花陽「おお…アレは神リメイクだったよねっ! 私は『はるかぜにのって』が大好きなの!」

にこ「分かるわ。『はるかぜ』はカービィらしい雰囲気だし、サクサク進めるから初心者にもピッタリね」

 
3:ラブライブ!SS :2014/07/22(火) 01:15:53.58 ID:R5nSPiHi0

花陽「あと『銀河に願いを』も! 能力探しが楽しかったの」

にこ「アレは確かに楽しいわよね。コピーだけ見つからなくて、適当にやってるうちに見つけて喜んだり」

花陽「意外と目立つところにあるんだよね…あれ。なんだろうここって入ったら奥に置いてあって」

にこ「ふふ、花陽、あなた分かるじゃない」

花陽「ふふふ…私はカービィはほとんどやってますから!」エッヘン

にこ「それなら、うちに来ない? カービィやりましょ」

花陽「!! なんのソフト?!」ガタッ

にこ「それはナイショ。…でも、あなたならきっと喜ぶわよ」

花陽「もう、もうカービィってだけで私は大喜びだよぉっ!!」

にこ「あ…そう」

 
4:ラブライブ!SS :2014/07/22(火) 01:16:56.70 ID:R5nSPiHi0

ガチャ

「たのもーっ!」

真姫「普通に入りなさいよ」

「にゃーん」

にこ「はいはい…おはよ」

花陽「おはよう、真姫ちゃん! 凛ちゃんっ!」

真姫「おはよう花陽、にこちゃんも」

「にゃ? かよちんご機嫌だね」

花陽「えへへ…わかる?」

「もちろんだにゃ! ね、真姫ちゃん!」

真姫「言われてみれば…確かに。なにかあったの?」

 
5:ラブライブ!SS :2014/07/22(火) 01:17:42.48 ID:R5nSPiHi0

花陽「あのねあのね、なんとにこちゃんに、おうちに誘ってもらっちゃったの!!」

真姫「ヴェ!!!?!?」

「えー? いいないいなー! 凛もいきたいにゃー!」

にこ「いいわよー」

「やったにゃー!」

真姫「ぁ…、…あの」

にこ「真姫、あなたも来ない? 4人ほしいのよ」

真姫「い、行く!! …おほん。そこまで言うなら行ってあげてもいいわっ////」

りんぱな(素直になれない真姫ちゃんかわいい)

にこ(なんで~今まで~♪ 素直になれずにい・た・の~♪ …ってね)

りんぱな(なるほど)

真姫「な、なによ!」

にこりんぱな『ベツニナンデモナイヨ?』ニヤニヤ

真姫「もう…! イミワカンナイ!!」

 
6:ラブライブ!SS :2014/07/22(火) 01:18:09.78 ID:R5nSPiHi0

~翌日~

「えっと、この団地だったかにゃ?」

花陽「うん、あのお部屋だね」

真姫「それじゃあ行きましょ」

 




7:ラブライブ!SS :2014/07/22(火) 01:19:25.78 ID:R5nSPiHi0

テクテク

「なんのゲームやるのかにゃー」

花陽「カービィってことだけは分かってるんだけどね」

真姫「カービィねぇ…」

「凛はWiiのやつがやりたいにゃー」

花陽「『カービィWii』はおもしろかったよね! ちょっと簡単だったけど」

「その代わりに『トリプルデラックス』は難しかったよね」

花陽「そうだねぇ…にこちゃんもやったのかな?」

「う~ん!なんにしても、楽しみにゃ~! Wiiやりたいにゃ、Wii!!」

真姫「うっさいわねぇ…たかがゲームでしょ?」

花陽「真姫ちゃん」

真姫「うえっ!?」

花陽「怒るよ?」ニコニコ

真姫「…ごめんなさい」

花陽「ふふふふ」

(にこちゃんの家ってだけではしゃいでた真姫ちゃんに、カービィをバカにする資格はない…かよちんの目がそう言ってるにゃ!)

真姫「スミマセン」

 
8:ラブライブ!SS :2014/07/22(火) 01:19:58.41 ID:R5nSPiHi0

~にこホーム~

にこ「いらっしゃい」

まきりんぱな『おじゃまします』

こころ「あ! μ’sの皆さんじゃないですか! いらっしゃいっ」

真姫「こんにちは、こころちゃん」

ここあ「今日は3人だけなのー?」

「3人だけにゃー」

虎太郎「おこめー」

花陽「えっ、私!?」

にこ「あーはいはい。私の部屋行っといて、お菓子もってくから」

 
9:ラブライブ!SS :2014/07/22(火) 01:20:35.06 ID:R5nSPiHi0

真姫「あ、お菓子なら買ってきたのがあるの。コンビニのだけど」

にこ「まさか、ファミマのプレミアシリーズ…!?」

真姫「ええ。私のおごりなんだから、感謝して食べるのよ」

にこ「くっ…このブルジョワめ…!!」

真姫「うえっ! な、なによ!?」

にこ「くそぅ…食べたかったから文句は言えないわ…! …ありがとう真姫」

真姫「う、うん」

「にこちゃん! 早くゲームやるにゃ!」

にこ「だから部屋行っといてってば。もう用意してるから」

「わーい」パタパタ

こころ「また遊びましょうね!」

花陽「うんっ」

 
10:ラブライブ!SS :2014/07/22(火) 01:21:14.04 ID:R5nSPiHi0

~にこルーム~

「おじゃまするにゃ!」ガチャ

真姫「んー…と、テレビはこれね。思ったより大きいわね」

「部屋に似合わずにゃ〜」

真姫「画面、もうついてるけど…これって…」

「ゲームキューブ…かにゃ?」

花陽「ぁ…あぁぁぁあ…」

「かよちん?」

花陽「こ、これは…これは…!!」

 
11:ラブライブ!SS :2014/07/22(火) 01:22:03.24 ID:R5nSPiHi0

花陽「カービィのエアライド!!!」

 
12:ラブライブ!SS(SSL):2014/07/22(火) 01:23:04.79 ID:R5nSPiHi0

真姫「エアライド?」

「ああ! あれにゃ、カービィのレースゲームにゃ!」

花陽「カービィのエアライドというのは、2003年にゲームキューブ専用ソフトとして発売されたレースゲームなの!! キースティックとAボタンだけで遊べる簡単操作で、最大4人でプレイできるカービィシリーズの中でも屈指の名作と言われてる、そんなゲームなんですっ!!!」ペラペラ

真姫「は、はあ」

 
13:ラブライブ!SS :2014/07/22(火) 01:23:34.54 ID:R5nSPiHi0

花陽「このエアライドには3つのゲームモードがあるの!!

まず、ごく普通に色んなコースでレースする『エアライド』

次に、上からの視点でキャラを操作して小さなコースを回る『ウエライド』

最後はこのエアライドで一番楽しめるゲームモードの『シティトライアル』!!!!
これは制限時間内に街中を走り回って、自分の能力を底上げしたりスター…車みたいなものをゲットしたりして、時間が経ったら始まる『スタジアム』で勝つってシステムなの!!!」ペラペラ

真姫「なるほど…面白そうね」ナットク

(今の弾丸トークで理解できる真姫ちゃんすごいにゃ)

 
15:ラブライブ!SS(SSL):2014/07/22(火) 01:26:12.59 ID:R5nSPiHi0

ガチャ

にこ「どう? 花陽、あなたのお気に召して?」

花陽「もう、とっても!!」

「にこちゃん、その言い方キモイにゃ」

「なによ!!」

花陽「ねえ、にこちゃん! クリアチェッカー見てもいい!?」

にこ「ふん、好きなだけ見なさい」

花陽「ふんふん♩」

真姫「クリアチェッカー?」

花陽「クリアチェッカーというのはね、3つのゲームモードそれぞれに120個ずつ用意された、合計360個になる課題のことなの。
これを集めることがエアライドのやり込み要素で、内容は簡単なものから気が狂いそうなほど難しいものと多種多様!! 逆にこれを集めているということは…エアライドをやりこんでいることに他ならないっ!!」ペラペラ

真姫「マリオカートでいうトロフィーみたいなものね? あれほど簡単じゃなさそうだけど」

花陽「そういうこと…って、ほぁあぁぁぁああ!!!????」ガタッ

まきりん『?!』ビクッ

にこ「…ふっ」にやり

 




1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.