P「給与明細見られた」






2: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:24:54.54 ID:maG39Gk30
貴音「……」ズルズル

亜美「お姫ちん、さっきから食べてばっかだね」

真美「まだお昼にもなってないのにね」

伊織「空のカップが三十個以上山積みって……」

「自分の家族みんな合わせても貴音の食欲に勝てそうにないぞ」

「食費だけで破産しそうだけど、大丈夫なの?」

貴音「問題ありません。お仕事が増えましたので」ズルズル

あずさ「確かに、一年前に比べたら本当に変わったわね~」

亜美「チョー忙しくなったねー」

美希「全くなの。おちおちお昼寝もできなくなったの……あふぅ」

真美「その割にはみんなでまったり過ごしてるけどね」

 
3: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:27:11.94 ID:maG39Gk30
やよい「でも、おかげですっごく助かってますー」

千早「こう言っては何だけど、高槻さんはあまり変わったようには見えないのだけど」

伊織「そうね。やよい、無理してない?」

やよい「そんな事ないですよ。今はかすみたちのために貯金してるんです」

やよい「みんなの将来とか考えないといけませんから」

千早「高槻さん……っ」ダキッ

伊織「やよいっ!」ダキッ

真美「……やよいっちも大変だなー」

亜美「そういえば、はるるんたちは?」

 
4: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:30:09.28 ID:maG39Gk30
律子「ふぅ……プロデューサー殿がいないと、静かに作業できますね」カタカタ

小鳥「向こうは賑やかですけどね」カタカタ

雪歩「律子さん、お茶のお代わりはいかがですかぁ」

律子「ありがと。頂くわ」カタカタ

小鳥「雪歩ちゃん、私にも貰える?」カタカタ

雪歩「あ、はい。分かりましたぁ」

春香「律子さんも小鳥さんも、クッキー焼いてきたんでお茶請k」ドンガラガッシャーン

雪歩「ひゃぁっ!?」

春香「」

雪歩「」

 
5: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:32:05.01 ID:maG39Gk30
律子「ちょっと春香、雪歩、大丈夫!?」

亜美「うわぁ、はるるんまたハデにやったねー」

真美「ゆきぴょんまで巻き込んじゃってるよ」

春香「いたた……雪歩、ごめんね。大丈夫?」

雪歩「あ、はい。大丈夫ですぅ」

あずさ「良かったわ~。ケガはなさそうね~」

千早「……プロデューサーの机がメチャメチャだわ」

春香「うわっ、どどどどうしよっ!?」

貴音「見たところ、書類が散乱しただけのようです」ズルズル

「歩きながら食べちゃメッなんだぞ……春香、自分も手伝うから片付けよう」

「皆でやればあっという間だよ」

春香「うん、ありがとみんなぁ」

 
6: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:34:08.17 ID:maG39Gk30
律子「でも春香、後でちゃんとプロデューサー殿に謝っておくのよ」

春香「はい」シュン

亜美「…………」

真美「…………」

やよい「? 二人ともどうかしたの?」

伊織「何か気になるものでもあった?」

律子「……この辺はお茶で濡れちゃってるわね」

亜美「そのお茶の海の真ん中辺りにさ」

真美「浮かんでる紙ってもしかして……」

律子「紙?」

春香「これ、給与明細!? ……それにプロデューサーの名前」

 




7: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:35:29.46 ID:maG39Gk30
小鳥「ピヨッ!?」

律子「何ですって!? それは流石にダメよ! 見ちゃダメ!」

亜美「でも見てくれと言わんばかりに開いちゃってるYO」

真美「バッチリ目に焼き付いちゃったYO」

「え……これちょっと」

雪歩「真ちゃん?」

春香「差引支給額……十万円……?」

律子「えっ」

小鳥「えっ」

 
11: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:38:12.96 ID:maG39Gk30

……………………

千早「プロデューサーの机は片付いたけど……」

「これ、どうするんだ?」

雪歩「ビチョビチョに濡れちゃってますけど、間違いなくプロデューサーの給与明細ですぅ」

伊織「結局みんなに知れ渡っちゃったわね」

律子「本来なら、何も見なかった事にするべきなんだけど」

あずさ「金額が金額だけに」

小鳥「無視できないですね」

あずさ「手取り十万……」

 
13: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:39:32.97 ID:maG39Gk30
亜美「あのさ、りっちゃん」

律子「なに?」

真美「真美たちお小遣い制だからあんま詳しくないんだけどさ」

亜美「にーちゃんのお給料の十万円って」

真美「凄く少ないんだよね?」

律子「……そうね」

「ストライキ起こしてもおかしくないレベルだと思うぞ」

千早「まさか私の半分にも届かないなんて、あまりにも酷過ぎます」

伊織「いざとなったら私が養って……ううん、そういう問題じゃないわね」

 
14: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:40:57.09 ID:maG39Gk30
「プロデューサーのお陰でボクたちの仕事も増えてきたのに」

美希「ハニーの評価が低すぎなの。許せないの」

やよい「うー。あんなに頑張ってるのに、かわいそうです」

小鳥「やよいちゃんに同情されるレベル……あれ、みんなひょっとして凄くお給料貰ってる?」

春香「プロデューサー、先月お休みありましたっけ」

貴音「私の記憶では、事務所で顔を合わせなかった日はありませんね」

あずさ「確か今日もお昼から出勤だったわよね~」

雪歩「はい、私と真ちゃんのお仕事があるので」

一同「…………」

小鳥「そういえば昨日の飲み会……」

 
16: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:42:23.11 ID:maG39Gk30
春香「え!? こんな状況でお酒飲んだんですか!?」

「春香、小鳥さんも知らなかったんだから」

あずさ「そういえば昨日はいつもより飲んでたような……」

伊織「そんなに羽目を外してたわけ?」

小鳥「……おもに私が」

やよい「無駄遣いはいけませんよー」

「いつもより多めって、どのくらいなんだ?」

小鳥「確か割り勘で一人一万円とちょっと」ピヨ

 
18: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:43:56.20 ID:maG39Gk30
亜美「うわぁ」

真美「ピヨちゃん……」

伊織「最低ね」

美希「小鳥は庭でミミズでも食べてればいいって思うな」

小鳥「美希ちゃんが辛辣ピヨ」シクシク

貴音「……そういえば私も」モグモグ

千早「四条さんも何か?」

亜美「っていうかお姫ちんまだ食べてるんだ」

真美「さっすがお姫ちん、ブレないね」

春香「あ、私の持ってきたクッキーだよ。みんなも食べてね」

 
20: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:45:58.37 ID:maG39Gk30
あずさ「それじゃ頂くわね……それで、貴音ちゃんのお話って?」

貴音「先日、響たちと地方へお仕事に行きましたよね」モグ

「ボクや春香も一緒だった時だね」

春香「楽しかったよね!」

貴音「……あの時、昼食をどうしたか覚えていますか?」

「貴音の提案でラーメン屋に行ったな」

「そういえばあの時、プロデューサーが」

春香「普通に奢ってくれたね……」

貴音「そう……なのです」ポロ

貴音「あの時、私が……私だけが三杯もお代わりを……っ!」ポロポロ

 
22: アイドルマスター SS  2013/06/08(土) 20:47:33.73 ID:maG39Gk30
律子「ちょ、貴音!?」

貴音「ぷろでゅうさぁの事など考えもせず……私は……私は……なんと愚かなっ」ポロポロ

亜美「うあうあ~! お姫ちんが泣いちったよー!」

真美「お、落ち着きなよ。ラーメンでしょ? ピヨちゃんより全然マシだって!」

小鳥「」チーン

雪歩「はぅっ!? 小鳥さんが……」

美希「そのまま小鳥の屍をダシにスープ作ったらいいと思うの」

伊織「いいダシが出るとは思えないわね」

やよい「そんな事ないですよ! きっとおいしくなります!」

千早「話が明後日の方向に……あら、春香どうしたの?」

 



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.