にこ「希はテンパってる時がかわいい」






1: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 21:42:00.88 ID:E8ts5IVh0

にこ「希、今日は練習来れるの? 最近バイト忙しいみたいだったけど」

「今日からは大丈夫やで。だからこうして1番乗りに……ってにこっちが最初かぁ」

にこ「そうよ」

「……明日は土曜日やんな?」

にこ「そうね」

「にこっち暇?」

にこ「あんたのために空けてあるわ」

「わーい! にこっち愛してる!」

にこ「はいはい」

 
2: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 21:44:21.18 ID:E8ts5IVh0

「にこっちの愛が冷めた……」

にこ「冷えるのは部室だけで十分よ」

「そう? あんまり冷房効いてない気がするけど……」

にこ「今日は窓開けた方が涼しいんじゃないかしら」

「んー……おお!」

にこ「これなら洗濯物もすぐ乾きそうね」

「飛んでいきそう」

にこ「……確かに」

 
3: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 21:46:29.86 ID:E8ts5IVh0

「こんないい天気やったら……ふわぁ、眠くなってきた」

にこ「寝るんじゃないわよ?」

「にこっちがおんぶして連れてってくれるはず」

にこ「物理的に無理よ」

「あはは」

にこ「ほら、ぐーっと伸びでもしてみたら?」

「わかったー……」

にこ「寝てる寝てる」

 
5: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 21:50:55.40 ID:E8ts5IVh0

「うーん……練習やしちゃんと……んー!」

にこ「希、シャツ出てる」

「ちょっとくらい許してー」

にこ「おへそ見えてる」

「もうちょっと……ぐぐぐ」

バツンッ

にこ「……え?」

「……」

にこ「希、服から割れたフックみたいなの出てきたけど……まさか……」

「……どうしよ」

にこ「……」

「ブラ壊れた」

にこ「……やっぱり」

 
6: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 21:53:30.94 ID:E8ts5IVh0

にこ「何? またちっちゃいのにしたの?」

「ま、またって何?」

にこ「いや、前もちっちゃくなったとか言ってたから」

「だ、だって高くなる……じゃなくて! 違うって!」

にこ「また大きくなったの」

「……はい」

にこ「……」

「にこっち嬉しそうな顔……」

にこ「いや、顔真っ赤にして可愛いと思って」

「セクハラ!」

 




8: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 21:56:53.47 ID:E8ts5IVh0

「うぅ、どうしよ……久しぶりに練習やのに」

にこ「あんた練習出る気?」

「だ、だって……」

にこ「そんな野に放たれた猛獣をほっとくわけにはいかないわ」

「……そうやけど」

にこ「ほら、まだ使ってないマフラータオル、使う?」

「ん……手伝って」

にこ「やだ」

「に、にこっちぃ……」

にこ「嘘よ。ほんとかわいいわね」

「むー!」

 
10: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 21:59:09.61 ID:E8ts5IVh0

にこ「ほら、部室鍵閉めるわよ。そっちはカーテン閉めて」

「わかった」

にこ「……」

「こっち閉めたよー……ってにこっち! ドア全開やん!」

にこ「ごめんごめん」

「ぐぬぬぬ」

にこ「上着脱いで」

「い、いつもはわしわししてる側にされるなんて……」

にこ「いや、そこまでするつもりないけど」

「……ほんと?」

にこ「ええ、あんたの上目遣いに誓って」

 
12: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:01:47.40 ID:E8ts5IVh0

「に、にこっち。こっち見たら……」

にこ「見るも何も、前で止めるしかないでしょ。後ろでまとめたら背中が出っ張るじゃない」

「……」

にこ「前で結ぶのだけはやってあげるから、ちゃんと目を閉じとくわ」

「覗いたら怒るで?」

にこ「わかってるわよ。私は覗きなんてしないわ」

「なんで?」

にこ「希が本当に嫌がることはしないの」

「……ちょっと嫌なことはするんや」

にこ「わかってるじゃない」

 
13: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:03:57.12 ID:E8ts5IVh0

「うう……はずかしい」

にこ「見えてないからわかんない」

「ほんと? ほんとに?」

にこ「ええ、希のフロントホックなんか見えてない」

「に、にこっち! 見えてるやん!」

にこ「見えてないわよ。だってホック前から落ちてきたじゃない」

「にこっちのいじわるー!」

にこ「早くしないとみんな来ちゃうわよ」

 
14: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:05:43.69 ID:E8ts5IVh0

「タオル……こうかな?」

にこ「どう? 大丈夫?」

「んー……お、いけた! にこっち結んで」

にこ「……」

「にこっち?」

にこ「いや、予想以上にイケないことをしてる気分で……」

「……ウチはもう気にしてないから早く」

 
15: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:07:32.68 ID:E8ts5IVh0

にこ「このくらい?」

「もうちょっときつめ」

にこ「こうかしら」

「んっ、それ!」

にこ「よーし、じゃあ結ぶわよ」

「……」

にこ「どうしたのよ急に黙って」

「……恥ずかしい」

にこ「安心しなさい。かわいいわよ」

 







17: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:09:46.38 ID:E8ts5IVh0

「……おお、結構なんとかなる」

にこ「よかったわね。長いの買っといて」

「にこっち、もしかして用意してた?」

にこ「あー……その理由もちょっとあった」

「あったん!?」

にこ「いや、希に冗談として見せようと機会をうかがってたんだけど、まさか実際に使う羽目になるとは」

「ありがとうにこっち……ってあれ? ウチの服は?」

にこ「ちょっと写真撮らせて」

「にこっち!」

にこ「はいはい、返すからそんなに怒らないでよ」

 
18: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:12:47.03 ID:E8ts5IVh0

「……よし、服着ても違和感ない」

にこ「よし、こっちもばっちりよ」

「あ、まだ携帯構えてたん? 今なら写真撮っても……」

にこ「これ動画だから」

「に、にこっち……ぅあっ」

にこ「フフフ、こんな時のために結び目を緩くしておいたわ」

「うううう……動けない」

にこ「でも自分で結べるでしょ?」

「あ……もうにこっち、何でそんなにいじわるするん?」

にこ「その顔が見たかっただけよ。他に理由はないわ」

 
19: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:14:55.93 ID:E8ts5IVh0

「今日はお休みするってみんなに連絡する」

にこ「じゃあ私も一緒にお休みするわ」

「え? 何で?」

にこ「帰宅途中に外れたらどうするの?」

「あ、そっか……ごめんにこっち」

にこ「いいのよ。恋人の危機だもの」

「にこっち、何でうれしそうなん?」

にこ「あんたテンパってるとかわいいのよ」

 
20: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:17:29.86 ID:E8ts5IVh0

「ふーんだ、にこっちのブラが壊れても助けてあげません」

にこ「私はなくてもバレない自信があるわ」

「じ、自虐や……!」

にこ「フン、私をあまり舐めてもらっちゃ困るわ」

「にこっち不憫……」

にこ「なんかむかつく。服引っぺがすわよ」

「ええっ!?」

にこ「……でもやっぱり、上から水でもかけた方が色っぽくなるわね」

「ちょ、にこっち本気の顔やん!?」

にこ「じょーだんよーじょーだん」

「棒読みが怖い……」

 
21: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:19:42.73 ID:E8ts5IVh0

にこ「ほら、行くわよ」

「え、ちょっと待ってにこっち」

にこ「どうしたの」

「……これ、歩くたびにズレる」

にこ「……」

「どうしよ……」

にこ「……」

「もー! 本気で困ってるんよー!?」

にこ「かわいいかわいい」

「ごめんなさいやろー!」

にこ「あ、素で間違えたわ」

「愛されてる気がしない……ぐすん」

 
22: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:22:39.41 ID:E8ts5IVh0

にこ「いや、愛してないわけないでしょ?」

「え?」

にこ「あんたが困ってたらすぐに助けるし、泣いたら慰めてあげる」

「に、にこっち……」

にこ「そりゃあちょっとは意地悪するけど、それは大目に見てくれない? 希がかわいいからやっちゃうのよ」

「にこっち……それウチの胸見ながら言う?」

にこ「泣いたら慰めてあげる」

「え?」

にこ「まあ泣かせるの大体私なんだけどね」

「はっ……」

にこ「涙目の希は素敵よ。自信持って」

「持ちたくないーっ!」

 
23: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:25:30.97 ID:E8ts5IVh0

にこ「じゃあ行くわよ」

「わ、わかった……」

にこ「ほら、希。セーター貸してあげる」

「あ、それウチの? この前なくしたと思ってたんやけど」

にこ「間違えて私のかばんに突っ込んでたのよ。この前あんたの家に行ったとき」

「えー、それなら早く言ってくれればいいのに」

にこ「なんか面白そうになりそうだったから。持っててよかったわね」

「そんな予想はしてほしくなかったなぁ……」

 




24: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:27:14.27 ID:E8ts5IVh0

にこ「……」

「ぶ、無事に着いた……」

にこ「何もなかったわね……」

「なんで残念そうなん!?」

にこ「いや、なんかもっと私を頼ってくれるようなイベントとか……」

「あ、そっか。にこっちは頼ってほしくて……」

にこ「起こせばよかった」

「マッチポンプやん……」

 
25: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:31:04.03 ID:E8ts5IVh0

にこ「せっかく希の家に来たんだし、ちょっと休憩させてくれない?」

「うん、いいよ」

にこ「希、ちょっとそこに立って」

「え? ここ? ていうかにこっち、そんな玄関でしゃがんでなくても上がってくれれば……」

にこ「水色」

「水色?」

にこ「パンツ」

「なっ!? ち、違うよ! 今日は……」

にこ「何色?」

「しろ……って誘導尋問やん!」

 
26: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:32:41.35 ID:E8ts5IVh0

「もうにこっちにはお茶出さないまんまにしとこ」

にこ「えー、暑くて死にそう」

「ウチにいたずらばっかりしてるから」

にこ「今なら家だしそれ、外してもいいわよね」

「麦茶でいい?」

にこ「ぐぬぬ」

「悔しそうにしても麦茶しか出ません」

 
27: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:34:46.64 ID:E8ts5IVh0

にこ「ねえ希」

「なに?」

にこ「怒ってる?」

「ううん、いつものことやもん」

にこ「じゃあ……次のステップに進む?」

「それは遠慮します」

にこ「えー、なんで」

「怖いもん。にこっち怖いもん」

にこ「ちょっと希の危機が増えるだけよ」

「それがいややもん」

にこ「私は嬉しいわ」

「はぁ……何でウチ、にこっちなんか好きになったんやろ」

 
28: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:36:44.28 ID:E8ts5IVh0

にこ「それは決まってるでしょ」

「んー?」

にこ「私がわけもわからず希を好きになったみたいに、希もきっとわけもわからず好きになったのよ」

「ええー。ちょっと理由くらい欲しかったかなぁ」

にこ「隣にいて居心地良いんだから仕方ないでしょ?」

「まあそうやね」

にこ「どう? 惚れ直した?」

「ちょっとだけ」

 
29: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:38:57.34 ID:E8ts5IVh0

にこ「じゃあご褒美ちょうだい」

「ウチができる範囲でなら」

にこ「そのタオル、洗わずに返して。家宝にするから」

「にこっち嫌い」

にこ「本当は好きなくせに」

「もー……そういうとこ嫌い」

にこ「えへへ。じゃあちょうだい」

「当初の目的を忘れてない……!」

 
30: ◆eyH5F3DPSk:2014/08/05(火) 22:41:56.04 ID:E8ts5IVh0

にこ「しょーがないわねー……パンツでもいいわ」

「むしろレベル上がってる気がするんはウチだけ?」

にこ「あ、そうだ! 壊れたブラならいいでしょ? 使わないし」

「あげません」

にこ「……まあ将来もらうわけだし、いいか」

「ぜーったいあげません!」

にこ「土曜日パンツなしと、今タオルくれるの、どっちがいい?」

「ぜーったい両方嫌やーっ!」

にこ「その顔良いわね。もう1枚」

     おわり




元スレ:にこ「希はテンパってる時がかわいい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407242510/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.