いろは「目を瞑ってください!」 八幡「はぁ?」






2: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 10:54:42.51 ID:+WM67IC20
下校中
いろは「少しでいいのでお願いしますよ」

八幡「なにするつもりだよ?」

いろは「……目を瞑ってからのお楽しみってことで」

八幡「あれか、写メ撮って、俺のキス顔だとか言って雪ノ下達に見せるんだろ」

いろは「そんなことしませんよ」

八幡「じゃあ、その写メで俺を脅迫するのか?」

いろは「先輩は、わたしをなんだと思ってるんですかね……」

3: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 10:58:37.60 ID:+WM67IC20
いろは「悪いことはしませんよ。むしろ、先輩にとっては良いことですよ?」

八幡「良くわかんねぇけど、変なことしないならいいぞ」

いろは「じゃあ、目を……。すみません、場所変えません?」

八幡「場所? ここじゃダメなの?」

いろは「人通りが多いですし。もう少し、静かな場所にいないところに行きましょう」

八幡「えー。めんどくさい」

いろは「先輩って、周りの目とか気にしないんですか?」

八幡「そんなもん気にしてたら、ぼっちなんてやれねえよ」

いろは「先輩がぼっちですか……?」

八幡「ああ、プロぼっちだ。ぼっちであることに誇りを持ってるまである」

いろは「……わたしがいるじゃないですか」ボソッ

八幡「えっ?」

いろは「さぁ、場所変えましょう」

4: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 11:02:39.38 ID:+WM67IC20

いろは「ここなら人通りも少ないですかね?」

八幡「まぁ、ここならあんまり人は来ないんじゃないか」

いろは「じゃあ先輩、目を瞑って下さい」

八幡「あいよ」

いろは「わたしがいいって言うまでは目を閉じてて下さいね?」

八幡「わかったよ」

いろは「じゃあ……いきます……」

八幡「……」



5分後
八幡「なぁ……」

いろは「な、なんですか?」

八幡「まだか?」

いろは「じ、準備が必要なんです! もう少し待って下さい!」

八幡「はぁ……」

7: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 11:15:33.98 ID:+WM67IC20
さらに5分後
八幡「おい」

いろは「は、はい?」

八幡「まだかよ? いくらなんでも待たせすぎだぞ」

いろは「わ、わ、わかってますよ!」

八幡「マジでなにするつもりなんだよ……」

いろは「すぐやりますから! 絶対、目は空けないで下さい!」

八幡「ったく……。早くしろよ」

8: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 11:34:35.86 ID:+WM67IC20
さらに10分後
八幡(……もう10分ぐらいは経ったのだろうか……。依然として、一色はなにもしてこない)

八幡(まさか、俺を置いていったのか?)

八幡(もしそうだったとしたら、目を閉じた状態で10分以上も立ってるのだから、不審者として通報されても仕方がない……)

八幡(……もういいか)パチッ

いろは「!」

八幡「なんだ、お前いたのか。どっかに行ったのかと……」

いろは「な、なんで……」

八幡「お前、顔真っ赤だぞ? 大丈夫か?」

いろは「せ、先輩の嘘つき!」バチン

八幡「○△□×……!!?」




9: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 11:42:16.63 ID:+WM67IC20
翌日 昼休み 生徒会室
八幡「うす」ガラガラ

いろは「先輩……」

八幡「ん? どうした?」

いろは「昨日は、突然叩いたりしてすみませんでした……」

八幡「昨日も言ったろ、別に気にしてねえよ」

いろは「でも……」

八幡「まぁ、痛かったけどよ」

いろは「すみません……」

八幡「でも、約束破って目を開けたのは俺だしな」

八幡「俺にも非があるし、気にすんなよ」

いろは「ありがとうございます……」
10: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 11:43:54.46 ID:+WM67IC20
八幡「……」モグモグ

いろは「せんぱーい。今日なんですけど、帰りにご飯食べに行きませんか?」

八幡「……悪い、金がないんだ」

いろは「大丈夫ですよ。今日はわたしが奢りますから」

八幡「いやいや、お前に奢ってもらうのは……」

いろは「先輩って、専業主夫希望なんですよね?」

八幡「そうだけどよ……」

いろは「なら、いいじゃないですかー?」

八幡「養ってもらうのと、施しを受けるのは違うんだよ」

いろは「先輩は本当にめんどくさいですね」

11: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 11:57:36.50 ID:+WM67IC20

いろは「昨日のお詫びがしたいんですよ」

八幡「だから、気にしてねえよ」

いろは「わたしが気にするんです!」

八幡「わかったよ。でも、金は返すからな」

いろは「それじゃ、奢ってることにならないじゃないですか……。まぁ、一緒にご飯食べに行けるならいいですけど」

八幡「なぁ、今日行く店はうまいのか?」

いろは「は?」

八幡「楽しみにしてるみたいだからよ」

いろは「やっぱり先輩は、鋭いのか鈍いのか、よくわかんないですね」

12: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 12:09:46.94 ID:+WM67IC20
戸部「いろはすー」ガラガラ

八幡「戸部?」

戸部「ヒキタニ君じゃん。なしてん?」

八幡「まぁ、ちょっとな」

戸部「へー」

八幡(興味ないなら聞くなよ……)

戸部「いろはすー、飲みもん買ってきたべ」

いろは「ありがとうございますー」

八幡「一色、年上をパシらせるなよ……」

いろは「使えるものは使う主義なんです」ニコッ

八幡「目が笑ってないぞ」

13: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 12:26:53.53 ID:+WM67IC20
戸部「ほれ、飲み物」

いろは「……」

八幡「どうした一色?」

いろは「もしかして、この水はわたしのですか?」

戸部「そうそう。いろはす買ってきたべ」

八幡「あっ……」

戸部「洒落てるべ? 俺のセンスやばくね?」

いろは「これ、飲み物代です」

戸部「えっと、10円……?」

いろは「戸部先輩のセンスなんて、こんなもんですよ」

戸部「い、いろはすー?」

いろは「じゃあ戸部先輩、お疲れ様でした」

戸部「いろはすー!」

15: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 12:36:36.81 ID:+WM67IC20
八幡「あんまり戸部をいじめてやるなよ」

いろは「だって、あのネタしつこいんですもん」

八幡「そんなにか?」

いろは「部活にたまに出ると、CMの曲を歌ったりするんですよ……」

八幡「ああ、「そしたら君とキスがしたいー」ってやつか」

いろは「……先輩って本当にヘタクソですね。ごめんなさいファーストキスは素敵な思い出にしたいのでもう少し雰囲気を作ってくれないと無理です」

八幡「はぁ……?」

16: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 12:37:59.20 ID:+WM67IC20
八幡「こういう歌詞だろうが」

いろは「だからって、その部分を歌いますか? 普通なら、「世界を変えさせておくれよ」の部分じゃないですかね?」

八幡「どこを歌うかなんて、個人の自由だろ」

いろは「でも、わたしと二人きりなのに、キスがしたいなんて歌うとか狙ってるようにしか思えませんよ」

八幡「……」

いろは「付き合って一ヶ月も経つのに、手も繋げないヘタレの癖に生意気ですよ」

24: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 20:02:46.91 ID:+WM67IC20
放課後 校門前
いろは「すみません、遅くなりました」

八幡「おお、今日は遅かったな」

いろは「だから、いまきたとこって返すべきじゃないんですかね……。今日は部活に出てたんで遅くなったんです」

八幡「片付けとか大変そうだもんな」

いろは「重いものとかは部員達に持たせ……、手伝ってもらっているので、そこまででもないんですけどね」

八幡「お前、いつか刺されるぞ」

25: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 20:15:23.05 ID:+WM67IC20
八幡「それで、今日はどこいくの?」

いろは「えっーと、サイゼですかね……」

八幡「いつものパターンじゃねえか。違う店に行くんじゃなかったのか?」

いろは「別に他の店に行くなんて言ってませんけどね」

八幡「そうだっけか? 結構、喜んでたから、行ったことがない店に行くのかと思った」

いろは「ここまで鈍いとか、本当に病気じゃないですか?」

26: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 20:22:11.32 ID:+WM67IC20
移動中
八幡「今日は寒いな」

いろは「ですねー」ギュウ

八幡「……なんで腕に抱きつくの?」

いろは「寒いんですよね? だから、わたしが暖めてあげようかなって」

八幡「……あざといぞ」

いろは「先輩には、これぐらいしないと通じませんからね」

27: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 20:41:56.18 ID:+WM67IC20
サイゼリア
いろは「なににします?」

八幡「ドリンクバーとミラノ風ドリア」

いろは「またですか?」

八幡「悪いかよ?」

いろは「悪くはないですけど、いつも同じもので飽きないんですか? たまには違うもの食べません?」

八幡「じゃあ、ピザとかどうだ? 一人でくるのが多いから、あんまり食べたことないんだよ」

いろは「なるほど……。じゃあ、頼みましょう」

八幡「でも、一人じゃ食いきれないから、お前も食えよな」

いろは「いいですよ? そうだ、アーンってしてあげましょうか?」

八幡「そんなバカップルみたいなことしたくねえよ」

31: ◆LbeDggmp36 2015/05/06(水) 21:17:16.91 ID:+WM67IC20
八幡「ドリンクバー取ってくるわ」

いろは「あっ、わたしも行きますー」

八幡「いいよ。お前の分も持ってくるから」

いろは「あ、ありがとうございます」

八幡「んじゃ、行ってくる」



1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.