結衣「せんぱぁーい♪」八幡「……は?」 







1: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/25(水) 15:38:22.15 ID:5GwFhwRAO

結衣「やっはろーです」

八幡「……」

結衣「ん?どうしたんですか?」

八幡「いや、先輩ってなんだよ。いつからお前は俺の後輩になったんだ」

結衣「えへへ」

八幡「笑って誤魔化すな」

結衣「……」

八幡「あっ、もしかしてお前……留年するのか?」

 
2: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/25(水) 15:40:23.20 ID:5GwFhwRAO

結衣「なっ!?ち、違うし!」

八幡「じゃあなんで先輩なんて呼ぶんだよ」

結衣「だって……」

八幡「ん?」

結衣「最近、いろはちゃんのことばっかり構ってあたしのことは構ってくれないから」

八幡「なんだそれ」

結衣「それに!いろはちゃんには甘いのにあたしには冷たい!」

八幡「そうか?」

 
3: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/25(水) 15:41:31.91 ID:5GwFhwRAO

結衣「そうだよ!昨日だって……」

結衣『ヒッキー、一緒に部室行こ』

八幡『悪い、ちょっと用事があるから遅れていく』

結衣『そうなの?』

八幡『ああ、雪ノ下にはもう言ってあるから』

結衣『そっか』

いろは『せんぱぁーい♪』

八幡『なんだ一色、わざわざ迎えに来なくてもちゃんと行くぞ』

 
4: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/25(水) 15:42:20.74 ID:5GwFhwRAO

いろは『他にも用事があって来たんですよ。別に先輩の為だけにここに来た訳じゃないです。まったく、勘違いしちゃって恥ずかしい人ですね』

八幡『くっ、ならその用事を済ませてさっさと行くぞ』

いろは『もう用事は済ませてますから大丈夫です』

八幡『なら行くぞ』

いろは『はぁーい、それじゃあ先輩、借りてきますね』

結衣『え?あ、ああ、うん』

いろは『さよなら、結衣先輩』

結衣『ば、ばいばぁーい』

 
5: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/25(水) 15:44:05.66 ID:5GwFhwRAO

結衣『……』

結衣『用事っていろはちゃんの手伝いだったんだ』

結衣『また、いろはちゃんと……』

結衣『いいなぁ、いろはちゃん。ヒッキーにお願い聞いてもらえて』

結衣『前にあたしが勉強を教えてってお願いしたら嫌だって断られちゃったのに……』

結衣『あたしもいろはちゃんみたくなったらヒッキーにお願い聞いてもらえるのかな』

結衣『……先輩』

結衣「って事がありました!」

 
6: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/25(水) 15:45:06.36 ID:5GwFhwRAO

八幡「お、おう」

結衣「……」

八幡「まぁ、理由はわかったけど、その一色の物真似はやめろ」

結衣「……」

八幡「わかったか?」

結衣「……うん」

八幡「確かに一色にはちょっと甘いとこもあったな。気を付ける」

結衣「うん」

 
7: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/25(水) 15:47:45.05 ID:5GwFhwRAO

八幡「それとお前のことだけど、俺としては冷たくしたつもりは無かったんだ。勉強の件もいつもは雪ノ下に頼んでるし、本気じゃないと思ってた。悪かったよ」

結衣「えっ、い、いいよ。あたしもヒッキーのことも考えずにお願いしちゃったし」

八幡「勉強」

結衣「へ?」

八幡「勉強、教えてやるよ」

結衣「いいの?」

八幡「ああ、今までのお詫びってことでな」

結衣「やった♪」

 
8: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/25(水) 15:49:18.13 ID:5GwFhwRAO

八幡「言っとくが俺が教えられるのは国語くらいだからな」

結衣「うん!いいよ。あたし漢字とか超苦手だから」

八幡「漢字って、それ俺が教える必要ある?まぁいいけど」

結衣「やった♪やった♪」

八幡「くっ……」

結衣「どうしたの?なんか震えてるけど」

八幡「なんでもない、それより早く教室に行くぞ」

結衣「えっ!?」

 
9: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/25(水) 15:50:21.95 ID:5GwFhwRAO

八幡「なんだ?その顔は」

結衣「だって、いつもはそんなこと言わないから」

八幡「構って欲しいんだろ?」

結衣「うっ」

八幡「嫌なら別にいいけど、いつも通り一人で行くだけだ」

結衣「行く、行くよ」

八幡「おう」

結衣「思ってたのとは違ったけど、結果オーライだね♪いろはちゃん変身作戦大成功!」

八幡「なにやってんだ、置いてくぞ」

結衣「あっ、待ってよー♪」





 
10: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/25(水) 15:51:19.70 ID:5GwFhwRAO

おわり

 
35: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/29(日) 16:01:46.24 ID:ri1ArNFaO

結衣「比企谷くん、部活の時間よ」

八幡「あぁ、えっ!?」

結衣「そんなに驚いてどうしたの?まるで鳩が幽霊を見たような顔をしてるわよ?」

八幡「おい、なんか微妙に間違えてるぞ」

結衣「細かい男ね」

八幡「大事なところだろ」

結衣「はぁ……まぁいいわ」

八幡「なんで俺が呆れられてるんだよ」

 
36: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/29(日) 16:02:22.77 ID:ri1ArNFaO

結衣「今日は雪ノ下さんは休みだそうよ。さっき、メールが来たわ」

八幡「雪ノ下さんって、ならお前は誰なんだ?」

結衣「誰って由比ヶ浜結衣に決まってるじゃない。目が腐りすぎてそんなことも分からなくなってしまったのね」

八幡「そこは由比ヶ浜なんだな」

結衣「もういいから、早く部室に行きましょう」

八幡「はいはい」

優美子「ねぇ、ユイ」

結衣「なにかしら?」

 
37: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/29(日) 16:02:52.00 ID:ri1ArNFaO

優美子「今からカラオケ行くんだけど一緒に行かない?雪ノ下さんいないから部活ないんでしょ?」

結衣「三浦さん、ゆきの……雪ノ下さんはいないけど、部活は普通にあるわ」

優美子「え?え?三浦さん?」

結衣「だからカラオケには行けないのごめんなさい」

優美子「う、うん」

結衣「また、誘って貰えると嬉しいわ。それじゃさようなら」

優美子「さ、さよなら」

結衣「行くわよ比企谷くん」

 
38: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/29(日) 16:03:37.80 ID:ri1ArNFaO

八幡「……」

優美子「な、なんで三浦さん呼びなの?いつもは名前で呼ぶのに……それになんかよそよそしかったし。……あーし嫌われちゃたの?」

 
39: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/29(日) 16:04:17.96 ID:ri1ArNFaO

八幡「おい」

結衣「なに?」

八幡「いいのかよ」

結衣「何が?」

八幡「三浦だよ。三浦」

結衣「三浦さんがどうかしたの?」

八幡「お前の態度が変だったせいであいつ混乱してたぞ」

結衣「大丈夫よ。私と三浦さんの友情はそんなことくらいで揺らいだりしないわ」

 
40: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/29(日) 16:05:08.84 ID:ri1ArNFaO

八幡「ならいいけど」

結衣「優しいのね」

八幡「何がだよ?」

結衣「私達のこと心配してくれたでしょ」

八幡「別に……てかいつまで続ける気だよ」

結衣「……」

八幡「今度はなんだ?」

結衣「……」

 
41: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/29(日) 16:09:08.48 ID:ri1ArNFaO

八幡「黙ってちゃ分かんないだろ」

結衣「ヒッキー、あたしとハニトー行ってくれるって言ったのに全然行ってくれないし。遊びに誘っても断るのに……ゆきのんとはデートしてたから」

八幡「は!?」

結衣「だからあたしもゆきのんみたいになったらヒッキーとデート出来るかもって思って」

八幡「俺がいつ雪ノ下とデートしたんだよ」

結衣「したよ!先週の日曜日……」

 
43: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS  2015/11/29(日) 16:57:12.96 ID:ri1ArNFaO

結衣『ふぅ、美容院に行ってスッキリ爽快!』

結衣『美容師さんにやって貰ったからお団子も綺麗なまん丸♪』

結衣『なんか今日はいいことありそうだな』

結衣『ん?あれは……ヒッキーとゆきのん?なんで二人が一緒に』

 




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.