希「あっ、穂乃果ちゃんのぬいぐるみや」






1 :ラブライブ! SS  2015/11/14(土) 23:38:51.63 ID:snfBOh9e0.net

「ちっちゃ可愛い……」

「ふふっ。見れば見るほど、穂乃果ちゃんの元気な感じがよく出てるね」

「クレーンゲームなんて全然やらんけど、この穂乃果ちゃんはすぐ取れそう」

「やってた人、何でここで諦めたんやろ」

「この穂乃果ちゃん、取っちゃうよ~?」

「誰も来ないなぁ……本当に取っちゃうよ~?」

「お金入れちゃうよ~?」

「取れた」

 

2 :ラブライブ! SS  2015/11/14(土) 23:53:31.60 ID:snfBOh9e0.net

「わぁ……可愛い……」

「はっ! でもよく考えたら、メンバーのぬいぐるみを取るってどうなんかな」

「これって、結構恥ずかしいことをしてる気がするんやけど」

「こんな姿、誰も見てないよね……」

「ほっ」

「これはバッグに付けられないかなぁ」

「部屋に飾っとこ」

 

6 :ラブライブ! SS  2015/11/14(土) 23:57:37.76 ID:snfBOh9e0.net

「ふむふむ。この穂乃果ちゃんのパンツは白かぁ」

「って、ウチは何を考えとるんよ……こんなんぬいぐるみやん」

「さて、帰ろっかなぁ……」

穂乃果「の~ぞみちゃん!」

「へっ? わぁっ!?」

穂乃果「うわぁっ!?」

「び、びっくりしたぁ。穂乃果ちゃん?」

穂乃果「あはは、ごめんね。遠くから見えたから抱きついちゃった」

「そ、そうなん?」

 

7 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 00:02:21.85 ID:vmgCXH5l0.net

穂乃果「そうなん? そうなん!」

「あはは……」

穂乃果「あれ? 希ちゃんが持ってるの……ぬいぐるみ?」

「あっ! うん、この辺で取ったんよ」

穂乃果「へぇ~、良いなぁ。穂乃果にも見せて!」

「えぇっと……」

穂乃果「だめ?」

「うっ……深い意味は無いんよ?」

穂乃果「? うん……」

「これなんやけど///」

穂乃果「……あはは、穂乃果だ///」

「うん///」

 

9 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 00:12:41.54 ID:vmgCXH5l0.net

穂乃果「あはは……」

「(あわわ……変な空気になってるやん!)」

「あの、あんまりこういうのはやらないんやけどね?」

「たまたま簡単に取れそうなのがあってね?」

穂乃果「そっかぁ。でも……これ、欲しかったんだよね?」

「えぇっ!? う、うん……可愛かったから」

穂乃果「可愛いんだ……そっかぁ、何か嬉しいなぁ」

穂乃果「あっ、そうじゃなくて! このぬいぐるみが可愛いって意味だよね?」

「うん……ぬいぐるみも可愛いし……その、穂乃果ちゃんも可愛いよ?」

穂乃果「あっ……あうぅ///」

 

13 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 00:22:14.76 ID:vmgCXH5l0.net

「(何か告白してるみたいな感じになってる!?)」

「あっ、違……」

穂乃果「えっ」

「くはないんやけど……」

穂乃果「そ、そっかぁ///」

「あはは……」

穂乃果「あの……希ちゃんはもう帰るの?」

「ウチ!? えぇっと、ちょっとご飯食べて帰ろうかなぁって」

穂乃果「そうなんだ……じゃあ、穂乃果も一緒に良い?」

「えぇっ!?」

穂乃果「な、な~んちゃって……」

「ウチは……良いよ?」

穂乃果「ほんと!? あっ……じゃあ一緒に」

「うんっ」

 

16 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 00:28:36.73 ID:vmgCXH5l0.net

「さて、どこで食べよっかぁ。リクエストある?」

穂乃果「穂乃果は……希ちゃんが行きたい所で良いよ?」

「そ、そっかぁ……」

穂乃果「えへへ……」

「(い、いつもの元気はどこ行ったんやあああ! 可愛いけど!!)」

「じゃあ、ここのうどん屋さんでいいかなぁ?」

穂乃果「うん!」

「そっかぁ……ほっ」

 

20 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 00:33:51.79 ID:vmgCXH5l0.net

「(あっ、もっと可愛いお店の方が良かったんかな……)」

(「いやいや! 別にデートとかじゃないし、友達同士なんだから良いやん!)」

穂乃果「穂乃果は何にしようかなぁ~」

「(でも、楽しそうやな……)」

「ウチはきつねうどんにしようかな」

穂乃果「じゃあ、ウチもきつねうどん! お揃いだねっ♪」

「ふふっ、そうやね♪」

穂乃果「~♪」

「(かっ、かわいい……)」

 

24 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 00:43:31.93 ID:vmgCXH5l0.net

「(何かさっきから胸が苦しい……穂乃果ちゃんといるとおかしくなる……)」

「(もしかして……いやいや、ウチはそういうんやないし!)」

「(はぁ……ウチって穂乃果ちゃんと、どんな感じで話してたっけ)」

穂乃果「希ちゃん? 席に着いたし、食べよ?」

「はっ! 意識が飛んでた」

穂乃果「ふふっ、そうなの? じゃあ、そんな希ちゃんに食べさせてあげよっか?」

「いやいや、大丈夫……って言いながら、隣に来てるやん」

穂乃果「えへへ。何か目の前にいると恥ずかしくって///」

「えっ?」

穂乃果「なっ、なんでもないよ!」

 




30 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 00:51:51.13 ID:vmgCXH5l0.net

穂乃果「じゃあ、希ちゃん……あっ、あ~ん」

「そこまでせんでも……穂乃果ちゃんに悪いよ」

穂乃果「あはは……そっか……」

「(そんな悲しそうな笑顔せんといてよぉ)」

「やっ、やっぱり食べさせてもらおうかなぁ。二人で食べる方が美味しそうやしね」

穂乃果「そっ、そう? じゃあ、はい……あ~ん」

「……あ~ん……おいしっ」

穂乃果「そう? 良かったぁ」

 

34 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 00:58:27.76 ID:vmgCXH5l0.net

「(穂乃果ちゃんの手、震えてた……寒かったんかなぁ)」

「(もしかして、緊張してたりして……いやいや、相手はウチやし!)」

「(そっ、そもそも、そういう思考がおかしいんやって! 何で女の子同士で……)」

穂乃果「あっ、希ちゃん。ほっぺにネギが付いてるよ」

「えっ!? どっち? こっちかな?」

穂乃果「ええっと、希ちゃんから見て左頬の……」

「? ちょっと鏡出すね」

穂乃果「あの……こっ、こっち///」

「!?」

 

36 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 01:05:54.76 ID:vmgCXH5l0.net

穂乃果「あはは……ネギ、美味しいなぁ///」

「(今……何が起きたんや……)」

「(穂乃果ちゃんが、ウチに近付いて……ほっぺのネギを……食べた!?)」

「(しかも、ほっぺって言うにはあまりにも唇寄りやったような)」

「(これってほとんど……キスというものでは///)」

穂乃果「希ちゃん」

「なっ、なに!?」

穂乃果「穂乃果にも……して欲しいなぁ」

「キス!?」

穂乃果「ちっ、違うよ/// あ~んだよ!」

「あぁ、そうやね///」

穂乃果「もっ、もう///」

 

40 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 01:13:57.21 ID:vmgCXH5l0.net

「(もうっ! ウチは何を言ってるんや……これがキ、キスなわけないやん)」

「(穂乃果ちゃん、変な事言うたから怒ってるかな?)」

穂乃果「えへへ」

「(困ってるけど、ちょっと楽しそう? じゃあ、大丈夫やね)」

「あ、あ~ん」

「(わああ! ウチも手が震えてるやん……うぅ、恥ずかしい///)」

穂乃果「ふふっ……んむっ」

穂乃果「美味しい! 希ちゃん、ありがと♪」

「うっ、うん! 良かったぁ~」

 

41 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 01:22:10.89 ID:vmgCXH5l0.net

「後は穂乃果ちゃん一人で食べられる?」

穂乃果「ふふっ。もぉ~っ、穂乃果は子供じゃないんだから一人で食べられるよ~」

「そっ、それもそうやね……あはは、ウチ何言ってるんやろ」

「(良かった……これで一山越えた)」

「(後は食べるだけ……!? 穂乃果ちゃんのほっぺにもネギが付いてる!)」

「(ウソやろ……でも、放っておけば自然と取れるはず……)」

「(全然取れてないやん……)」

 

44 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 01:28:36.66 ID:vmgCXH5l0.net

「穂乃果ちゃん……あの、ほっぺに付いてるよ?」

穂乃果「へっ? 穂乃果も!? あわわ……ど、どっち!? どっちのほっぺかな///」

「(何でそんなに焦ってるんかなぁ)」

「えぇっと……左? あっ、穂乃果ちゃんから見て右? かな」

穂乃果「えぇっと、ここ? この辺かなぁ? あれっ!?」

「あっ、もっとほっぺたの方に付いてるから……」

「(ウチも穂乃果ちゃんがしてくれたみたいに)」

「(いやいや絶対ムリやって///)」

 

47 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 01:36:04.48 ID:vmgCXH5l0.net

「(でも……別にウチは穂乃果ちゃんとは、そういう感じやないし)」

「(それに、穂乃果ちゃんがしてた事は、ごく一般的な事のはずやし?)」

「(さっきよりも唇と離れた場所やから、キスではないし!)」

「穂乃果ちゃん……じゃあ、今度はウチが取ったげる」

「そっち向いててねぇ~……ん~」

穂乃果「えぇっ!? ……んむっ」

「(あっ)」

穂乃果「(あっ)」

 

49 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 01:45:32.17 ID:vmgCXH5l0.net

「(穂乃果ちゃんとキス……してる)」

「(どうしよう、動けない……)」

「(ウチから唇離したら、傷付くんかなぁ)」

「(穂乃果ちゃんも同じ事思ってるんかなぁ)」

「(目がウルウルしてる……あぁ、閉じちゃった)」

「(柔らかい……ぷるぷるしてて、ちょっと濡れてる?)」

「(穂乃果ちゃんの唇って、こんな感じなんやなぁ)」

 

52 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 01:53:43.00 ID:vmgCXH5l0.net

「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「……あっ、終わっちゃった?」

「ちゃった?」

穂乃果「!? あっ、期待してたとかそういうのじゃ……」

穂乃果「あの……ごめんね。穂乃果が振り向いたから」

「えっ、あぁ……ウチは別に大丈夫! 女の子同士やから!」

穂乃果「……そっか、そうだよね……女の子同士だもんね」

「穂乃果ちゃん?」

 

54 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 02:04:52.84 ID:vmgCXH5l0.net

穂乃果「あはは……女の子同士は……恋愛とか、そういうのじゃないもんね」

穂乃果「分かってたんだけどね……」

「穂乃果ちゃん……」

穂乃果「はぁ、女の子で良かった……グスッ……希ちゃんには、少しでも傷付いて欲しくなかったんだぁ」

穂乃果「あれ? 何で穂乃果が泣いてるんだろ……」

穂乃果「ふふっ、おかしいね。泣きたいのはどっちかっていうと希ちゃんだよね?」

「また、そうやって笑いながら泣くんやね」

穂乃果「えっ?」

穂乃果「何で……また」

「穂乃果ちゃんが……好き」

 

55 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 02:19:21.77 ID:vmgCXH5l0.net

「今まで穂乃果ちゃんを好きって気付けなくて」

「やっと、今……わかったから」

「そんな自分が悔しかったんかなぁ……どうしても、すぐに伝えたかったんよ」

「だから……今のキスの理由は、穂乃果ちゃんに今すぐ好きって伝えたかったから、やね」

穂乃果「希ちゃあぁん……ヒグッ……うぅ……」

「わわっ、そんなに泣かんでよぉ……はい、ハンカチ」

穂乃果「ありがとう……希ちゃん、大好き」

「うん、ウチも♪ そっかぁ、両思いやね」

穂乃果「うん……うん!」

 

56 :ラブライブ! SS  2015/11/15(日) 02:29:47.22 ID:vmgCXH5l0.net

「ごちそうさまでした~」

穂乃果「ごちそうさまでした~」

「さて、ちょっとゲームセンターに寄ろうかなぁ。穂乃果ちゃんも行く?」

穂乃果「うんっ、行く!」

穂乃果「それと……あの……希ちゃん、手を繋いでもいい?」

「ええよ♪ はい」

穂乃果「えへへ、ありがとう。でも、何でゲームセンターに行くの?」

「だって、ウチの部屋に穂乃果ちゃんのぬいぐるみが一人だと寂しいやん?」

穂乃果「そっか……そうやね」

「ふふっ」

穂乃果「あっ、希ちゃんのぬいぐるみや」

 

 

 

58 : ラブライブ! SS 2015/11/15(日) 02:46:40.61 ID:u3mcepIV0.net
うどん屋でキス……
やべえよ……

 

まあほのかはかわいいからのぞみがほれるのもわけないな
おつ

 




元スレ:希「あっ、穂乃果ちゃんのぬいぐるみや」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1447511931/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.