幸子「いくらボクが可愛いからって、性的な目で見過ぎですよ!」

1: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:14:05.29 ID:DwnyN1100

幸子「本当に男の人は仕方が無いですね。まあ、ボクが可愛いのが悪いんですけどね」

2: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:14:58.43 ID:DwnyN1100

幸子「照れなくても良いんですよ。ボクは可愛いことを自覚しているので、そういったことに寛容なんですから」

幸子「またまた、そんなこと言って。ボクは気にしませんよ?」

幸子「……な、なんか今日は暑いですね。春になったばかりなのに、不思議だなー」

3: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:16:08.49 ID:DwnyN1100

幸子「ボクは暑いんですよ。ああ、こんなに暑いと胸元が蒸れてきちゃいますね」

幸子(ふふ、可愛いボクがここまですれば、プロデューサーさんだって意識するはず)

幸子「え、ちょっとプロデューサーさん――行っちゃった……」

幸子(あれ、思ってた反応と違うような)

幸子(てっきり、もっと慌てふためくかと思ってたのに)

4: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:19:33.92 ID:DwnyN1100

幸子(おっと、可愛く転んでしまった! プロデューサーさんに下着が見られたかも――)

幸子「え、あ、大丈夫です。少し擦り剥いちゃいましたけど」

幸子「準備が良いですね、プロデューサーさん」

幸子「ボクなら当然処置くらい出来ますよ。気にせず行ってきてください」

幸子(……下着、見られてなかったのかな)

5: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:20:55.06 ID:DwnyN1100

幸子「うどん屋ですか」

幸子「可愛いボクにはもっとお洒落な食べ物が似合いますけど、プロデューサーさんのオススメというなら食べてみましょう」

幸子(そうえばプロデューサーさんとご飯を食べるとき、いつも麺類を食べてる気がする)

幸子(偶然かな?)

6: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:23:20.31 ID:DwnyN1100

幸子「ん……ちゅる……ちゅぱ……」

幸子(音を立てて食べるなんて下品だし、なによりも可愛くないはず)

幸子「ちゅるるる……ん、はぷ、ごくっごくん……ぷはぁ……」

幸子「ボクの可愛い口は小さいので、どうしても上手く食べれないんですよ」

幸子「ちゅぅうう、ん、んん……美味しいです。プロデューサーさんがすすめるだけありますね」

幸子「ところで、プロデューサーさんは箸が進んでいないようですけど、食べないんですか?」

幸子「ボクはそんなせっかちな女じゃありませんよ。どうぞ、行ってきてください」

幸子(プロデューサーさん、今日はお腹の調子が悪いのかな)

幸子(あと一軒くらいで買い物は済ませよう。そして、そのときにまたアピールを)

7: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:26:06.08 ID:DwnyN1100

幸子「たくさん買いましたね。いやぁ、可愛いとどんな服でも着こなしてしまうから……」

幸子「嬉しさで、ですか? ふふーん、可愛いボクの荷物を持てるんですから、当然ですね!」

幸子「なにを言ってるんですか。それくらい手伝いますよ」

幸子「天使よりも可愛いですけどね」

幸子(荷物を積み終えてから……)

8: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:28:25.25 ID:DwnyN1100

幸子「ボクは可愛くて気が利くから、当然ですよ」

幸子(今だ!)

幸子「……ご褒美ですよ。可愛いボクに抱きつかれるんだから、何にも勝るものでしょう?」

9: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:31:21.90 ID:DwnyN1100

幸子「大丈夫ですよ。誰も見てないですし」

幸子(プロデューサーの背中、温かい。……これだけすれば、さすがに意識してくれるよね)

幸子「続きだなんて、プロデューサーさんったら……。いくらボクが可愛いからって、がっつき過ぎですよ」

幸子(プロデューサーさん、全然慌ててないな……。やっぱりボクは子供としか)

10: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:32:16.63 ID:DwnyN1100

幸子「それくらい、分かってますよ」

幸子(やっぱりプロデューサーさんは、ボクのことを意識してくれないんだ)

幸子(……もっと、早く生まれたかったな)

11: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:34:18.24 ID:DwnyN1100

幸子「もしかして、『続き』するんですか?」

幸子「……そうですか。良いですよ、行ってきてください。待ってますから」

幸子(着いて行くような気分じゃないもの)

12: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:35:39.73 ID:DwnyN1100

幸子「プロデューサーさん、遅いな」

幸子(まだ五分も経ってないのに、寂しくなってきた)

幸子(……ちょっと覗くくらい、良いよね)

14: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:38:43.87 ID:DwnyN1100

「――で、――子が本当――くて!」

「はいは――わかり――」

幸子(扉の向こうからプロデューサーさんの声が)

幸子(よく聞き取れないけど、話し相手はちひろさんかな)

幸子(楽しそうだな、プロデューサーさん。ボクと買い物してるときよりも、ずっと楽しそうだ)

幸子「ちぇ、ボクの方が可愛いのに……」

幸子(腹いせに盗み聞きしてやろう。……腹いせにならないかもしれないけど)

16: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:39:57.58 ID:DwnyN1100

幸子「――え」

17: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:42:25.42 ID:DwnyN1100

ちひろ「分かりましたって。手を出さないでくださいね」

ちひろ「聞きます。聞きますから、早く吐き出して幸子ちゃんの所に行ってあげてください」

ちひろ「はいはい」

18: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:44:38.78 ID:DwnyN1100

ちひろ「最後のはプロデューサーさんの自意識過剰です」

ちひろ「あなたは中学生ですか……」

20: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:48:18.13 ID:DwnyN1100

ちひろ「中学生以下でしたね。いや、以上ですか?」

ちひろ「……あー、もうそろそろ十分経つんじゃないですか?」

ちひろ「はい、また明日。……送り狼にならないようにしてくださいね」

ちひろ「アイドルのためですから」

P「念のため、トイレに行っておこうかな」

P「すまんな、幸子。遅くなった」

幸子「べ、別に構いませんよ。ボクは可愛いし心が広いから!」

幸子「……少し、嬉しいことがあっただけですよ」

幸子「ええ、良いことでした」

24: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:56:58.90 ID:DwnyN1100

幸子「そうですね」

幸子「プロデューサーさん」

幸子「――ボクのうどんの食べ方、エッチでした?」

25: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/06(水) 23:59:46.09 ID:DwnyN1100

幸子「転んだときも、下着が見えてたらしいですし」

幸子「ボクが正面から抱きつかなくて良かったですね」

幸子「それにトイレに行く理由も……」

幸子「良いですよ。今日言ったように、ボクはそういったことに寛容ですから」

幸子「でもまあ、やっぱりプロデューサーさんはボクの魅力にメロメロだったわけですね!」

幸子「買い物に行くたびにボクの可愛さを堪能してたわけですか」

幸子「そのたびにトイレに行って……その、発散してたと」

幸子「ふふーん、プロデューサーさん」

27: アイドルマスターシンデレラガールズ SS 2013/03/07(木) 00:03:31.87 ID:xZUOi/KH0

幸子(プロデューサーさんは、いつも我慢してたんだ)

幸子(ボクは可愛いから、今度からは我慢なんてさせてあげない)

幸子「いくらボクが可愛いからって、性的な目で見過ぎですよ!」

幸子(いつか手を出してね? プロデューサーさん)

                      おわり

元スレ:幸子「いくらボクが可愛いからって、性的な目で見過ぎですよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362579245/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.